読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世は仕組みでできている

格闘ゲームやその他ゲームの論理的攻略、漫画や映画など個人的趣味を書いていきます

【FFRK 魔石ダンジョン 狂シリオン 1分以内と魔石の性能比較】

魔石ダンジョン最後の一匹となりました。

パパリモ大先生がいるので楽なはず…。と楽観視。

いつもの魔法+反射で行ってみたいと思います。




狂ブリザガに注意!

シリオンは氷属性の魔法や物理で攻撃してきて、HPを減らしていくと【狂】ブリザガで味方全体に防御無視魔法攻撃+氷弱体をつけてきます。

長引くと氷弱体が重なっていき危険なので、短期決戦で挑みたいところ。



構成


・アルフィノ-ケアルガ/ヴァルガリマンダ

展開戦術+ケアルガで回復。暇なときにヴァルガリマンダで攻撃。タイムに貢献する。

すぐに展開戦術をしたいので、マテリアは開幕1ゲージのものを選択。




・パパリモ-連続ファイガ/シェルガ

シェルガを張った後は連続ファイガでゲージをためつつバーストへ移行。

マテリアはダメージアップのものを。バーアビの攻撃回数を増やしやすくするために専念のマテリアでもよかったかも。



・ギルバート-いかり/たくす

開幕に素早さの歌をうたったあとはいかりでゲージをため、たくすでアタッカーへ。

次の素早さの歌に支障が出ない程度にためてからゲージを渡す動きをする。



・ラファ-メルトン/プロテガ

ゲージのためやすいメルトンで早めにゲージため。

バーアビで攻撃しつつ回復を担当。




・リルム-ケアルジャ/祈りのメメント

祈りのメメントを使った後はひたすら回復。

バーアビの即時回復を生かすためにエースストライカー系のマテリアをチョイス。




・魔石-エンキドウ

全体即時回復+エスナは便利すぎ…。






【FFRK】魔石ダンジョン 狂シリオン 1分以内マスタークリア目指す




ここまできたら毎回やってることはほぼ一緒なので、細かい説明は省きます。




全部クリアしても何も起こらない!


あっれー

聖と闇出るんじゃねーのかよ?w



じゃあ次からは既存のどれかを周回することになるんだな。


ということで魔石のラインナップを眺めてみることに。





30秒報酬はろくなものがもらえない!?


「次は30秒以内クリア目指すか~。報酬はっと。」









★2の魔石



い、いらない…。




30秒を無理して目指してもあまりいいものはもらえないみたいですね。


30秒切れる気が全くしてなかったので、少し気が楽になりました。



できるなら極大オーブが2個もらえる30秒も切りたいところですが、1分以内のアルカナ大でよしとしておくのが無難そうです。



ドロップ報酬の傾向


魔石ダンジョンをクリアすると設定された3つの魔石の中から必ずドロップする★3の魔石。

これらには召喚すると使える超魔石スキル【契】が設定されているものと、されていないものがあります。

普通に考えて【契】が設定されているほうが強そうなんですが、よくよくみてみると…。



【契】が設定されていない魔石のほうが魔石効果の使い勝手がいい傾向にあるのではないか。






たとえば、リクイドフレイムを倒すと


・サラマンダー

・マザーボム

・リクイドフレイム

の3つから一つがドロップします。












リクイドフレイムは魔石効果がバファイアアーマーアップ








マザーボムは魔石効果がエンファイアパワーアップ







サラマンダーは魔石効果がエンファイアフェイタルダメージ




それぞれ用途次第で使い道はあるはずですが、【契】のないサラマンダーの魔石スキルが一番優れているように感じます。


【契】はメイン魔石でしか使用できないため、残り4枠のサブ魔石を充実させるためには【契】なしの魔石を重点的に育てたほうがいいのではないかという考察です。


とはいえ、ドロップが運なので持ってる魔石を使っていくしかないんですがw






自分はとりあえずエンキドウがある風の魔石を周回しつつ様子を見るとします。



スポンサーリンク