コインチェック爆発。「外の困っている人」にならないために。 資産を守るリップル/XRP ペーパーウォレットの作り方

f:id:cojiro2015:20180127002203j:plain
守りたい、この笑顔

えー、コインチェックが不正アクセスを受けて、580億近くものXEMが流出したとの発表がありました。

自分はCCに何も入れていなかったのでアフィが消えたぐらいですが、使っていた方には同情します…。

今回はコインチェックハックですが、ほかの取引所でも同じことが起きかねません。長期保有するなら取引所に置いておくのは得策とは言えないでしょう。

というわけで動かさない資産をウォレットに保管しようと思い、一番多く保有しているリップルのウォレット作成法を調べてみましたので自分用に残しておきます。



外の困ってる人にならないために


ウォレットにもいろいろあり

  • ハードウェアウォレット
  • オンライン上ウォレット
  • デスクトップ上ウォレット
  • ペーパーウォレット


などの種類があります。

上記のうち3つは電子機器依存の保管法であり、機器が破損したりネットワーク上での盗難にあう可能性が0ではありません。

どれも一長一短なのですが、自分の場合ペーパーウォレットで保管するのが最善でした。

ペーパーウォレットはその名の通り紙媒体でパスを保管しておくものです。その紙を破損、紛失しないように保管しておけばコインチェックが破たんしようが安全安心ということです。

f:id:cojiro2015:20180127003514j:plain


ペーパーウォレットの作り方

ripply-paper-wallet

上記リンクよりripply-paper-walletをダウンロードします。




f:id:cojiro2015:20180127003935p:plain

ZIPで保存をクリック



f:id:cojiro2015:20180127005423p:plain

ダウンロードしたフォルダを開いた先にHTMLファイルがあるので起動。
するとこんな上記のような画像が出てきます。

これがペーパーウォレットです。

そこに書いてあるRipple Addressあてに送金。

残高確認はXRP Chartsで行えます。

まずは小額でテスト送金で試してみるといいでしょう。

あとはプリンタで印刷して金庫にでも保管しておくだけです。


出金にはシークレットキーを使います。

当然ですがソフトをダウンロード後の作業はすべてオフラインで行ってください。




CCを使う気はおきないでしょうから海外取引所のバイナンスクーコインを置いておきます。

こまめにウォレットに非難させて爆発に巻き込まれないようにしましょう。