コーリン研究所 シーズン3.1の攻略まとめ

f:id:cojiro2015:20180404232810p:plain

シーズン2からシーズン3で大幅に強化された姐さん。




そしてシーズン3からシーズン3.1で大幅に弱体化された姐さん。


そんな彼女とのシーズン3.1での付き合い方をまとめます。



シーズン3~3.1への変化

f:id:cojiro2015:20180501131917p:plain
f:id:cojiro2015:20180501131933p:plain


前投げダメージ増

前投げであるプレッシャーリッジのダメージが120から130へ。

端に追い詰めて投げと打撃の択に行きたいが、投げても残るから打撃に行きたい。でもそれを計算に入れられてガンガード。

みたいな状況で倒せるように。


あ、死ぬんだ。って感覚。


立ち大P-4

影響なし。
ガード時にはめちゃくちゃ離れるのでCA食らうぐらい。密着で撃つ技ではないし。ガード後にもう一回出して飛ばれてもガードが間に合う。つまり当身も間に合う。


しゃがみ弱Pの上方向への判定削減

影響なし。なんならまだ強いといういつものパターン。他のキャラもだけどほんとに直したの?コパンに上方向の判定いらんやろw



中足 リーチ縮小、持続削減

かなり痛い。S2のリーチに慣れすぎてるというのもあるけど、ほかのキャラ同様に足首から先の判定が消えた。これによって中足単発での横押しがかなりやりにくく。

持続は空中ヘイル追撃にねっぱなしされた時のセットプレイ削除。その場面は立ってればいいです。

VT2へのキャンセルタイミングが3F遅くなったことにより、大Pにつなげることができなくなった。反面、ヒット確認がやりやすくなったので個人的には良調整。

いままではド先端でも大Pにつなげていたところを、少し踏み込んだ位置で発動しないと中Pに繋げられなくなっているので注意が必要。



ブライニクルヒット時有利フレ削減

これにより、空中の相手を小P追撃裏周りが出来なくなりました。個人的にはダメージを捨ててまでやる行動ではなかったので影響なし。選択肢が減ったのは残念。


立ち回り

地上戦がまあまあ強いので当ての中足、置き大P、中P、小k、さし返し中P、大P、小kなどで立ち回っていき、対空を下大pや大k、空投げなどで落としていく。小p対空はもう厳禁。(やってしまう)

なるべく中ヘイルでダウンをとり、両対応起き攻めへ行きたい。

EXパラ締めは強力だが、ゲージを使用するので小k始動などのやむを得ない場合、VT関連へつなぐ場合のみに使用したい。

また、飛びが弱くなったので以前のように飛びまくるのは厳禁。




VT発動

2回使用を視野。一発目はTCなどのガードでも発動し、後ろ投げと打撃で崩していく。しのがれても無理に追わない。VT中にダメージを食らうことは避ける。

後ろ投げが決まったらダッシュ小pから投げと下がり打撃での択。打撃ヒットから発動できればゲージを2本使っての補正切りや中ヘイル締めからの起き攻め、リバースジャベリン締めでVTゲージを積極的に消費+ダメージ+凍結狙い。


2回目の発動は中足ヒット確認から発動、EXパラ追撃から発動など、相手の体力を0にできるルートをイメージする。

発動中の大Pに手を出そうとする相手の場合、ブンブン振ってクラカンを狙っていく。手を出さずに下がっていくのならダッシュ小足が当たる。

垂直等を置いてくるようならスキルや下大pでリスクを負わせていこう。

大足から発動も下がりに対し強い。ヒットしたら大Pがつながる。




コンボ


www.cojiro1.com


起き攻め

大パラ締め

ダッシュでその場受け身に+3、後ろ受け身に+8
受け身を目視で確認し、技を埋める。キャラによっては難易度が高い。筆者の使用頻度は低め。(失敗するリスクがある)

ホワイトアウト締め

ダッシュダッシュでその場受け身に+2、後ろに+7
4F小技キャラには下中pで両対応。ねっぱに更にダッシュダッシュ下中Pで両対応。ラインが鬼のように稼げるのでおいしい。



中ヘイル締め

フロストスパイクなどのTCやけん制の中パン、Vスキルカウンターのあとのコパンなどからつなぐ。ダメージは落ちるがそのあとの状況が最高。筆者はこれメイン。

ダッシュして受け身に両対応なので+30以上確定。ねっぱに対しては再度弱ヘイルで+1、無敵技がないキャラにはコパンまで出しきりor投げで二択。無敵技があるキャラには遅らせ投げが鉄板。もちろんコパンを出してもいい。

ケン、ラシードあたりは何故かねっぱからパなしてくることが多い傾向にある。

無敵技がなく、アーマー持ちなどのキャラには投げや打撃を重ねておくと割れる。


端EXパラ>中バニ>中P追撃or大P追撃>着地攻め

大Pの後投げ間合いのキャラ

ラシード、春麗、ザンギ、バイソン、アレックス、アビゲイル

バーディーを除くデブキャラ+ラシード春麗と覚えています。



当て身

弱ヘイル>Vスキルでデカキャラ以外に+3>下中Pなど。
デカキャラにはヘイルが先に当たってしまい、-3以上をとられる。



Exパラ追撃中バニ膝VT2発動>ダッシュで裏周り

S3.1唯一の強化。S3では裏周り時に不利フレームだったので、食らう側に暴れる選択肢が存在していた。しかし3.1からは暴れる選択肢がなくなったのでとてもつよい(語彙力)

裏周りコパンからはダメージがあまり稼げないが、中ヘイル締めから再度起き攻めへいける。フロストエッジで締めてもいい。


発動中EXパラ>EX大バニJ中P追撃>裏周りブライニクル

2ゲージ消費の補正切り。見えないがEXバニに行った時点で裏だろうな感がある。読んだらダッシュ大p>ヒザへ。2ゲージ使ってまで表はなかなかの漢選択肢。


まとめ

S2より荒らしにくくなっているのでバニやら当身、スキルでチャカチャカ動いて虚を突いていく戦い方はやりにくくなっている。じっくり構えて地上戦を制しつつ、相手の意識配分を察知して緩急をつけていくほうがいいように思える。

ネタ、起き攻め等あったら教えてください。


もう1つだけ読んでみませんか?

www.cojiro1.com


こんな記事もあるよ

www.cojiro1.com