この世は仕組みでできている

格闘ゲーム 趣味のゲーム

格闘ゲーム 初心者向けの上達方法

同じぐらいの実力で、同じぐらいの熱意をもった仲間を見つけよう。

「だれかとゲームで遊ぶってのは人生でもっとも幸せな時間の一つだからな」
放課後さいころクラブの店長もこう言っています。

しかし、自分よりはるか格上の相手と対戦しても、たいていの場合はつまらないし、不屈の精神がない限りはまずモチベーションが続きません。
なので、「同じぐらいの実力の範囲で納まるレベルの、同じ方向性のモチベーションを持った仲間」を作りたいところです。


対戦ゲームをやるうえでこれが一番大事であって、ほかの要素はほぼどうでもいいといっても過言ではないでしょう。
格闘ゲームというか対戦行動すべてにおいてこれだと思います。

個人的にはゲームの出来や内容すらも、これに比べればとるに足らないものと思っています。




同じぐらいの実力って?

自分はストリートファイター系の対戦格闘ゲームを主にやっているので、それを例として上げていきます。


同じぐらいの実力の友達を見つけることによって、切磋琢磨する状態が発生しやすいです。この状態はとても楽しいので、自然とプレイする欲求が高まっていきます。

ランクマッチをやれば、おおむね同じぐらいの実力の相手と対戦できるようになっているはずですが、ストVのランクマッチ異常にテンポが悪く、時間を無駄に使いすぎるのと、相手とは基本的に一期一会な上にただの敵に等しいので、あまり楽しく感じない。というのが一般的な感覚ではないでしょうか。

ランクマで時間をむやみに消費しつつ、黙々と(楽しいと思って)こなせる人も少なからずいますが、そういう人は素質があるといえるでしょう。ほっといても勝手に上達します。

同じ方向性のモチベーションを持った仲間

  • 大会に出て優勝したい。
  • 適当にエンジョイプレイしてキャッキャウフフしたい。

いろんなモチベーションがあると思いますが、大別すればガチ指向とエンジョイ指向に分かれると思います。

ストVに限らずすべてのことに言えることですが、似たようなベクトルのプレイスタイルを持った仲間やコミュニティを見つけることができれば、楽しい時間を過ごすことができる=自然とプレイ時間も増え、練習(という認識をもたずに)も苦にならずにできます。

それにはまず「自分のモチベーションがどこにあるか」をハッキリさせたいところです。

  • 波動拳を出したい
  • リュウが好きで同人誌のネタにしたい
  • ウメハラを倒せるぐらい強くなりたい(そのためには石にかじりついてでも鍛錬を怠らない)

自分のモチベーションがどこにあるかを知ることにより、仲間も見つけやすくなることでしょう。似たような方向性の友達を見つけて楽しい時間を過ごしてください。

以前まではここに初心者LINEグループを載せていましたが、リンクが切れてしまっていたので削除しました。

かわりに自分が立てたdiscodeサーバーを載せておきます。どなたでもご参加ください。
discord.gg





ゲーム内容の話

コンボ

「コンボ練習は嫌い」という人がたまにいますが、最初に絶対にやってください。戦力強化の最短距離です。特に飛び込みからと無敵技パナしの反撃。これに「できる範囲でなるべく大ダメージを取れるコンボ」を練習します。

たとえば、昇竜パナされて反撃が投げ。最初のうちにやりがちですが、ここを練習したコンボで反撃したい。

そこでこれまで見過ごしたり投げで済ましていた反撃部分をコンボにすることによって、3割前後のダメージを奪えるようになります。そのあとの起き攻めも覚えておけば一気に試合が決まる可能性も高く、練習しない手はありません。

また、ジャンプからのコンボをひたすら狙うのも有効です。

コンボは実戦で意識して使うことにより成功体験が刻まれ、コンボを決めるチャンスを探すようになっていきます。

何度も言いますがコンボ練習をすることが労力も手間も最短で近道です。ぜひともチャレンジしてください。

ここまでできれば本当の初心者は卒業といっていいでしょう。あなたは晴れて初級者です。さらなる高みを目指すもよし、適当にプレイして楽しむもよしです。

対空

2D格闘ゲームには対空という概念があります。これをおろそかにすると、前述のひたすら前ジャンプからコンボを狙う動きに負けます。

ストVの場合は対空が難しいキャラはほとんどいないので、ワンボタンで落とせるようになっています。

対空が出ない人は意識が違うところに行きすぎています。

大体が地上戦を一生懸命やりすぎていることが原因。地上戦に100%の意識を割くことによって地上戦は強くなっているのですが、上から来られた場合に防御力が低くなってしまっています。

これでは本末転倒なので、対空に意識を避けるぐらいまで地上戦の力を抜いてしまいましょう。

地上戦はまず対空ありきです。対空が先。これを念頭においてください。

対空ができなければ地上戦をする権利がないと言ってしまってもいいでしょう。



まとめ

・同じモチベを持った友達を作る。
・コンボを練習する。
・対空を出す。地上戦はまずは捨てろ。


次のステップは

  • 強い技を強く使う。
  • ある状況で、どっちが先に動けるかを知る。

です。機会があればまた。

もう1つだけ読んでみませんか?

www.cojiro1.com

こんな記事もあるよ

www.cojiro1.com